西江 嘉彰

記事一覧(34)

ワクワクを形に -中地域新規事業プロジェクト-

先週の家族会奉仕日に、新規事業プロジェクトのメンバーの皆さんから、ご家族のみなさん、そして利用者のみなさんに向けて初回となるプロジェクトの説明会を行いました。その中で、今回は、簡単な概要とともに、「中地域という場所でどんなことができるのか」というテーマでお話をしたということをメンバーの方から伺いました。この新しいプロジェクトで実現したいことに関しては、ブログでも、何度か紹介させていただいています。ですが、今回お話したことは、それとどういう繋がりがあるんだろう…そう思われていた方も、いるかもしれませんね。ですが、実はこの新規事業プロジェクトの中で、利用者の皆さんが、「布寄小学校でこんなことができたら嬉しい!」「こんなグループホームだったら、暮らしてみたい!」という想いを実現することも、地域を元気にする大きな起爆剤になるんです。例えば、「布寄小学校のグランドで、 長い長~い流しそうめんのレーンを創ろう!」と利用者の皆さんが考え、それが実現したとします。そうなると、「あ、面白いことやってる!」と地域の人や地域以外の皆さんにも、興味を持ってもらえるかもしれません。他にも、布寄小学校にピザ釜ができて、そこで手作りピザが作れるようになったり、すごく大きな露天風呂が出来て、星を見ながらお風呂を楽しめたり…楽しいことがたくさん集まって、ここなら「いろんなことができる!」と思ってもらえたら、もっと多くの人が、この場所に興味を持ってもらえるかもしれません。利用者の皆さんがワクワクを実現することで、地域にさらなる魅力が生まれ、「何でも実現できる」というブランディングができる。結果、地域に興味を持っていただける人が増え、地域に賑わいが生まれる。地域産業の活性化や新たな産業の創出も、地域創生には絶対欠かせないものです。一方で、利用者の皆さんや職員の皆さんが「ワクワクすることを叶える」ことも大切な地域創生の「柱」。まずはみなさん、ぜひ布寄小学校、そして中地域へ足を運んでみてください。そこで、「こんなことができそう」「これができたら楽しそう」を探してみてください。そして、中地域の魅力を探る…宝さがしだったり、布寄小学校を楽しい場所にする…大人のヒミツキチづくりだったり、ぜひ、ご自身でこの地域を「楽しんで」ほしいのです。その行動こそが、地域を元気にする第一歩につながるはずですから。

自由とは

今日は、少し理念に関するお話をしようと思います。今回取り上げるのは自由を奪う区別や制約を取り除く…という内容における「自由」に関すること。皆さん、自由って何だと思いますか?自分がやりたいことを、誰の制限も受けずに、自分の意思で決めていくこと…それは、本当にその通りです。しかし、それを言葉通りに解釈するだけでは、足りないのかもしれません。自分の意思で、やりたいことを選択し、実行した場合、必ずその先に、「結果」が出てきます。その結果を、自らが「受け入れる覚悟」をすることも本来、選択をする場合には大切なことです。さらに、何かを自らの意思で選択をした際には、必ず「責任」が伴います。例えば「やりたいゲームを買う」という選択。そのゲームを買ってしまったことで、他の支払いに影響が出てしまう時、それでもそのゲームを買うと選択した場合は、例えば「食費を削って食べたいものを制限する」場合によっては「光熱費が払えなくなって、電気が止まってしまう」などの支障が出てしまう恐れもあります。確かに、障がいのある方の中にはこうした「その選択をしたことによる、今後の影響」についての発想が思い付きにくいという方も、いらっしゃるかもしれません。だからといって、「電気代が払えなくなるかもしれないから『買ってはいけない』」と制限することが、本当に正しいことなのか。言い方は悪いかもしれませんが、もし、本当に本人がその報いを受け止める意思があるのであれば、私たちに、その選択を制限する理由なんて、一切ないのです。これは、あくまで日常生活の、小さな小さな一例にすぎません。実は、仕事や住まいを決めるとき、結婚など、人生の節目を迎えるとき…その全ての選択には「結果」と「責任」が伴うのです。以前にも、「体に良くないことをするのだって、自由」とブログで書かせていただきましたが、これも、実は同じこと。自由を奪う区別や制約…その一つは、こうした「結果」や「責任」を障がいのある方自身が「受け止める」という権利を実は、認められていない…私たちの支援にあるのかもしれません。本当の意味での自由を実現するためには、彼ら自身が「自分の選択の結果を受け入れ、責任を負うことができる」と私たち、支援する立場の人間や周囲の方々が、認めていくことが必要だと、私は考えるのです。

地鎮祭 -中地域新規事業プロジェクト-

このブログでも何度か紹介している高梁市 中地域新規事業プロジェクトに関して、いよいよ、グループホーム2棟と就労継続B型事業所の建設工事が本格的に始まります。そこで先週の9/13に地鎮祭を執り行い、工事が無事に、安全に行えるよう、祈念いたしました。P.P.P.の経営陣・新規事業プロジェクトリーダーの坂野さんの他、中地域のお住まいの方も、この式にご出席いただくなど、地域の方も、私たちの取り組みに期待していただけているのだと実感しました。この地鎮祭を受けて、いろいろと想いを馳せることがあり、それを今回は書いていこうと思います。グループホームは元々ふたば保育園・布寄小学校のプールがあった場所に、そして、B型事業所は中地域の生活改善センターの跡地に建てられます。人が賑わっていた頃には、保育園や学校は地域になくてはならない存在でした。また、生活改善センターも、地域の困ったことを解決する拠り所でした。それが、人が少なくなってしまった今、その存在が消えてしまった。布寄小学校もそうですが、保育園や行政施設は、かつての地域の「賑わい」を象徴する場所なんです。その場所が、これからグループホームやB型事業所に生まれ変わって、また、新たな地域の「賑わい」を創っていけたら。そして、私たちの事業所が、地域の方たちが「集う」場所になり、やがて、もう一度、小学校や保育園、行政施設などが中地域に生まれたら。グループホームやB型事業所が、この場所に建設されることにやはり意味があるのだと、強く感じています。障がいのある方と、地域に暮らす皆さんが、手を取り合って活躍していくことで、地域が元気になり、過去の賑わいを取り戻していく。何としても、このプロジェクトを成功させようという想いが一層強くなった瞬間でした。

地域のみなさんの声 -中地域新規事業プロジェクト-

7月から8月にかけて、中地域新規事業プロジェクトの一環で、久本副理事長やプロジェクトリーダーの坂野さんと一緒に中地域の各町内会の常会にお伺いしています。先週の土曜も、常会に参加させていただきました。目的は、地域の方々からお困りごとを伺ったり、遊休地や農機具など、使っていない資材・資源があるかを聞いたりしながら就労継続事業を、地域のみなさんと連携しながらどう進めていくかの参考にさせていただくため。常会でお会いした方々の多くは、「ぜひ、一緒に特産であるピオーネづくりを盛り上げてほしい」「人手が足りず、困っていたので、ぜひ一緒に」「うちの遊休地、使っていただいていいですよ」といったこのプロジェクトへの期待や歓迎の声をかけてくださいました。お話させていただいた方は本当にみなさん、協力的な方ばかりでした。一方、お話をする中で「とはいえ、本当にこの地域が再生するのか」「交通機関もお店もほとんどない…この地域には何もない…」といった、不安の声や諦めに近い声も、耳にしました。加えて、ご高齢者のひとり暮らしの方もいらっしゃり、買い物に行ったり、病院にいったりするのも苦労されているなど、現状、本当にご苦労されているのだというのを改めて実感しました。「この地域が、このままだと忘れ去られてしまう…それがつらい」この言葉は、プロジェクトをスタートする際に地域の方々がおっしゃっていたこと。「この地域を、長く残したい」これは、地域のみなさんの共通の想い。地域のみなさんと一緒に、地域づくりを行いながらそこに住まう方々が元気になる。それが、このプロジェクトの大切なミッションだと、強く感じています。【ちなみに】8/7には相坂という場所で、常会がありまして、その常会が終わった後に、久しぶりに同級生のお宅に伺わせていただきました。お互いにおじさん・おばさんになったなぁと(笑)。ですが、話した瞬間に、その当時の思い出がよみがえりました。久しぶりの再会は本当に楽しいものですね。

地蔵盆まつりに関しまして

昨日のブログで、実行委員の皆さんはじめ、たくさんの職員が一丸となって、地蔵盆まつりのための準備を進めていることをご報告しました。しかし、本日、台風が夕方から夜半にかけて直撃することを受け、安全確保のために、地蔵尊の法要のみを執り行い地蔵盆まつりを中止する決定を行いました。皆さんが今日まで、日差しの強い中、何日もかけて準備してきた、そして、地域のみなさま、ご利用者のみなさんが楽しみにしてくださっていたこの地蔵盆まつりが、台風の影響で中止になってしまうことは、本当に残念で、心苦しいことです。ですが、最も大切なのはたくさんの方したの「安全」です。警報が発令されている以上、この決断を行うより他ないと、私も考えています。職員のみなさん。今回の祭りは、本当に残念ではありますが、これからも、ご利用者のみなさんと、地域のみなさまとのたくさんの交流の場を、P.P.P.として、ぜひ作っていきましょう。【ちなみに】実行委員の皆さんが、地蔵盆まつりで販売する予定だった焼きそばや牛串、とうもろこしを現在、西日本豪雨で被災され、二福小で避難生活を送られている皆様にお届けしたそうです。実行委員の皆さんから、ご招待状をお送りしていたこともあり、地蔵盆まつりを楽しみにしていらした方も多かった…と、ボランティアスタッフの方がおっしゃっていたそうです。来年こそは、最高の地蔵盆まつりを実行しましょう!

地蔵盆まつり

8/23、毎年恒例となる地蔵盆まつりを執り行います。職員のみなさん、日々暑いなか、連日の準備、本当にありがとうございます。一方、西日本豪雨で被災された皆様のことを思うと、今年の地蔵盆まつりに関して、本当に開催するべきなのか…実は、実行委員の皆さんと共に、私自身もとても悩みました。そして、議論に議論を重ね、今年も開催する運びとなりました。先月の西日本豪雨ではたくさんの方が、被災されました。当法人のご利用者さまや職員、そのご家族の方々の中にも被災された方もいらっしゃいます。また、毎年地蔵盆まつりで駐車スペースをお貸しいただいている二福小では、現在100名以上の方が、今もなお、避難生活を余儀なくされている現状もあります。多くのイベントが自主的に中止を決定している中、私たちが敢えて、この地蔵盆まつりを執り行おうと決めたのは、こういうときだからこそ、たくさんの人に楽しんでもらいたいと思ったからに他なりません。屋台や催し、そして、花火…毎年、地蔵盆まつりを楽しみにしている方はもちろん、地域にお住まいの皆さんで、楽しいひと時を共有し、元気になっていただけたら。そのために、実行委員をはじめ、職員一同、一丸となって、準備を進めています。現在、台風20号が接近している影響で、安全面を考慮して、当日のイベント内容などは、変更せざるを得ないかもしれません。ただ、何かしらの形で、たくさんの人を笑顔にできる方法はないか…実行委員の皆さんが、知恵を振り絞って考えてくれています。職員の皆さん、そして何より実行委員の皆さん。本当にありがとう。そして、最後となりますが、この度の西日本豪雨で被災された方々が、日常を取り戻せるよう、一刻も早い復興を心より祈念いたします。

「気づき」と「行動」

昨日は今年4月に入職された新卒職員のみなさんの新卒フォローアップ研修に参加してきました。今回の研修のテーマは「当事者になる」ということ。他人や周囲の環境のせいにせず、自分のこととして向き合っていく、P.P.P.の職員として、とても大切なテーマを学ばれていました。その研修の中で、「Fu-1グランプリ」というものが開催されました。これは、新卒職員のみなさんが、入職されてからの約3ヵ月間、業務の中での経験や利用者さんとの会話、大変だったこと、悩んだこと、辛かったことなど日々の仕事の中で得た「気づき」や「発見」をし、そこから何を学んで、どんな行動をしたかを一人ひとりプレゼンし、その中でも、ぜひみんなに紹介したい、共有したい素晴らしい「気づき」と、その後の「行動」を表彰するというもの。日々起こっていることに対して、自分のこととして受け止めていなければ「気づき」も得られませんし、たとえ気づきがあっても見て見ぬふりをして、「行動」することもできません。実は、気づきと行動というのは、他責にせずに「当事者になる」というテーマにおいて、とても大切なことなのです。さて、このFu-1グランプリですが、最も素晴らしい気づきと行動を発表し、1位を獲得したのが森川 瑠奈さん。この3ヵ月間、ご利用者さんとのコミュニケーションの取り方、たとえば、初めて支援をする方から、強い拒絶反応を受けたことなど苦労や辛い・大変な思い・経験を語っていただき、そこから逃げずに、その方にずっと向き合っていくことの大切さに気づき、コミュニケーションを続け、今少しずつ、ご利用者さんの思い・気持ちを確認しながら、余暇活動などの業務に取り組んでいる、そのエピソードを語ってくれました。実は、このエピソードの中で、私が素晴らしいと感じたのがまずは「つらい」「難しい」という、心の底にある自分の感情にも「気づいた」ということです。P.P.P.の理念の中の大切なテーマのひとつ「当事者参加」。P.P.P.のロゴにも、そのメッセージを込めたのですが、「当事者参加」の第一歩は、自分自身も「つらい」・「泣き出したい」という負の感情を「持ってしまう」ということだと思うのです。そうした自分の負の感情から目を背けないこと。その時に、どう自分を律していくかを考えること。これはとても大切なテーマだと思います。ぜひ、森川さんには、この「初心」を忘れず、P.P.P.の職員として、飛躍していただきたいと感じています。その他の方も、色々なことに気づき、行動されていて、審査員一同、誰を表彰するかとても迷いました。皆さん、この3ヵ月で自分に向き合い、努力されていることを改めて実感でき、私としても本当に嬉しいかぎりです。これからもぜひ、日々の仕事の中での気づき、発見を大切にしていくこと、心がけていってください。その気づきの積み重ねが、必ずあなたを成長させてくれるはずですから。

余暇活動って、何だ?

連日の猛暑が続く中、皆さん体調はいかがですか?利用者の方への心配りはもちろん、職員のみなさんご自身も、特に、暑い場所での作業をしている方は、水分補給など、熱中症には十分に気をつけてください。さて、この猛暑の中、長時間の外出は体力を消耗してしまうこともあり、なかなかお出かけをする先も限られてしまいます。そんな中、お休みの日をどう過ごそうか、色々と考えている方も多いでしょう。そこで、余暇活動のことについて、私の考えを少しお話させてください。例えば、余暇活動というと、皆さんはどんなことを考えますか?遊びやカラオケなどのレクリエーションを想像するかもしれませんし、それこそ、この時期だとプールに出かけたりかもしれません。あとは、色々なクラブ活動もありますね。例えば、P.P.P.でも音楽クラブや絵画教室、陶芸教室、茶道教室など、色々なクラブ・教室があります。でも、ちょっとだけ視点を変えてみると、世の中には他にも、面白い趣味や習い事もたくさんあります。例えば、ヘアメイクやコーディネートなどの「おしゃれ」。メイクや服選びも立派な余暇活動。利用者のみなさんの中にも、おしゃれに興味があったり、最初は興味がなくても、やってみたら面白い!自分がかっこいい・かわいくなった!と興味を持たれる方もたくさんいらっしゃるでしょう。他にも、デコアートというのもあります。スマートフォンのケースやキーケース等にアイスクリームやクッキーなどの食品サンプルをつけてデコレーションするというもの。他にも、ジャグリングや手品など、ちょっと人に見せたくなるような趣味やモテる男になるためのコミュニケーション術なんていうのまであります。福祉の世界で取り扱う余暇活動は、どうしても教養的というか、高尚というか、そういったものが多かったりするのですが、もうちょっと、今流行のカルチャーなどにも、目を向けると、実は色々なことがやれそうだなと。そして、こうした余暇活動や講座は、実は職員のみなさんの「好きなことの共有」であってもいいと思うのです。だからこそ、部署を横断して、誰が手をあげて提案したっていい。「やってあげなきゃ」というお世話の余暇活動から、「一緒にやろうよ!面白いから」という、同じ目線の余暇活動へ。少し目線を変えると、もっと面白いことができるはずです。もし、あなたが好きなことや得意なことがあったら、ぜひ、チャレンジャーやフリーダムのみなさんに、話をしてみてはいかがですか?

地域の方との連携 ~布寄小学校プロジェクト~

先日、高梁市の中地域センターにて、中地域連絡協議会の皆さんと、新規事業プロジェクトに関するお話をする機会があり、久本理事、そしてプロジェクトリーダーである坂野さんと3名で協議会の打合せに参加させていただきました。その会議の場では、私からプロジェクトの概要をお話した後、坂野さんから、布寄小学校近隣のこと…主に協議会にご出席された皆様がお暮らしになっている中地区、特にご自身がお暮らしの町内の魅力・特色や休耕地・農機具等の活用できる資源に関してなど、新しい事業のヒントになる情報を、色々な方から直接伺いたい旨をお伝えしました。もちろん、現段階では全ての方が協力的であるわけではありません。ただ、みなさん、本当にご自身のお住まいの町をそして、中地区という地域を愛していらっしゃり、この地域をもっと元気にしたい、という想いの強さはとても感じています。中地区にお住まいの皆さんを、より多くの方を巻き込んでいくことで、このプロジェクトをより元気に、そしてこの地域を元気にしていく原動力になるはずです。坂野さんも早速、連絡協議会の方と情報交換をしたりするなど、リーダーとして、率先して動いてくれています。ありがとう、坂野さん。そして、これから、プロジェクトのメンバーが、地域のみなさんと交流を重ねながら、このプロジェクトを推進していただけること、期待しています。「福祉×地域創生」地域を元気にするプロジェクト、ぜひみんなで成功させましょう!