西江 嘉彰

記事一覧(58)

高梁市のプロジェクト、只今進行中!

昨年の5月に誕生した「P.P.P.オールスターズ!布寄」「P.P.P.マンション!ふたば」。地域で暮らす方が、支援員や世話人として、一緒に農作業をしてくださったり、利用者さんたちにおいしいごはんを作ってくださったりと、地域の方が職員として活躍してくださっているのはもちろん、この1年で、利用者のみなさんと地域の方々が一緒になって地域のイベントを楽しんだり、事業所や畑に地域の方がご挨拶にいらしたりと、地域とのつながりがたくさん生まれ、とても順調な立ち上がりになったなあと、本当にうれしく思っています。このP.P.P.の取り組みに、高梁市も注目してくださっていて、今月の10日は高梁市長とお話をさせていただき、いよいよ地域活性プランの具体化にむけ、高梁市の各課の担当の方との定例協議会を実施することとなりました。その第一回が13日、P.P.P.にて開催されました。具体的にはこれから決まっていくのですが、今回は地域の活性に向け、大きな3つの柱について、協議をさせていただきました。1つ目の柱は地域の地場産業である「農業」についてです。この農業に関して、2つのテーマでお話をさせていただいています。ひとつは「地域の名産であるブドウ生産の後継」、もうひとつは「地域の新たな名産品の創造」です。現在、高梁市では最近よく聞くようになった『農福連携』の取り組みをさらに強化させ、『農×福×商(商業)×官(行政)』の4つの連携に力をいれていらっしゃいます。地域の方も、利用者の方も、そして高梁市もWin-Winを実現するためにこの取り組みに私たちP.P.P.がどう連携できるのかを、今話し合いを進めている真っ最中です。2つ目の柱は、より多くの方が「活躍できる環境づくり」です。現在布寄では、男性4名、女性7名の11名の方が地域で暮らしながら活躍されていますが、今年度はその利用者の方の数を「20名」に、さらに既に地域でご家族と暮らしていらっしゃる方も、通所利用で就労B型をご利用いただき、より多くの方が活躍できる環境を創るために意見交換をしながら、具体的にどのように増やしていくのか、そのために高梁市にご協力いただきたいことなどをお話させていただきました。そして3つ目の柱が…布寄小学校を活用した「新しい事業の創造」です。その新しい事業に関してですが…「布寄小学校」という場所に、たくさんの人が集い、さらに「布寄小学校」という学び舎にふさわしい、新しい事業とは…?詳しい取り組みはまた別の機会にお話ししましょう。

互礼会でお話したこと① -なぜ理念が大切なの?-

前回のブログの続きで、昨日の互礼会で私がお話したことをお話します。とはいっても、実は昨日お話した内容の多くはお配りした「フィロソフィブック」に詳しく書かれているので、その部分をかいつまんでご説明すると…まず初めにお話ししたのが「なぜ、理念やミッション・バリューが大切なのか」です。その大事なポイントとして、・法人は想いや目標を持った個人の「集団」であること。・そして、その想いや目標を一つにしないと、 法人そのものがバラバラになり、本当に実現したいことができなくなってしまう。 だからこそ、みんなが想いを一つにする必要があるんだということ。(ここまでは久本副理事長がおっしゃってくださったことと同じですね)・P.P.P.という法人が持つ想いや目標、その達成のためにどういう行動をとるべきか、 それを示したのが理念・ミッション・バリューであること。そんなお話をさせていただきました。ただ、互礼会にご参加いただいた方にもお聞きしたのですが、理念・ミッション・バリューを、何も見ずに言える方って、法人の中でどのくらいいるでしょう。実は、会場でも1・2名しかいらっしゃいませんでした。また、「理念だけなら」という方も、半分くらいだったんです。皆さん、この理念・ミッション・バリューが大切であることは、きっとご理解いただけていると思いますし、その意味を考えてくださっている方もたくさんいると思っています。でも、毎日忙しく支援をされている中で反射的に思いだせるか、そして、その意味まで瞬間的に思い出せるようになるには、本当に色々な経験をして、仕事の中で何年も何年もかけてじっくりと理解する必要があるもの。だからこそ、日々の支援に理念・ミッション・バリューをぐっと近づけるために大切にしてほしいことを、2つのテーマでお話しました。ひとつは「当事者参加」というキーワード。そしてもう一つは、理念・ミッション・バリューの根本に流れる「決めつけない」「あきらめない」「抱え込まない」の「3つのDNA」というキーワードです。それでは次回以降、この「当事者参加」と「3つのDNA」についてご紹介させていただきます。

新年のごあいさつ ~互礼会開催~

皆さま、新年あけましておめでとうございます。昨年は皆さん、利用者の方のために懸命に頑張ってくださったことを各方面から伺っており、皆さんのおかげでこの法人が成り立っているのだと、心から感謝いたします。本日、新年恒例となっております、互礼会を開催しました。まずは久本副理事長より、新年の挨拶がありました。今年2020年は法人設立40周年というお話からはじまり、その当時は職員が数十名程度だったのですが、設立から40年、今や約400名という大きな組織に成長したこと、これだけ大きな組織になったから今だからこそ法人に関わる全員一丸となって、あたかも一人の個人かのように、方向性と行動を、心をひとつにし、一致団結することが大切だということをお話くださいました。次に、P.P.P.家族会!ひまわり 山下会長から、ご家族を代表されて、新年の挨拶を賜りました。そこで、山下会長が法人を利用するきっかけが、実は娘さんの意思であったこと、山下会長ご自身が娘さんの意思を尊重し、P.P.P.を選んでくださったというお話がありました。そして、今では娘さんも山下会長も法人のことを大好きだとおっしゃってくださったのは本当にありがたいお話です。そして、最後に山下会長から、これからのP.P.P.にご期待を寄せてくださっていること、家族会としても「当事者参加」をし、みんなで協力を惜しまないというお話をいただきました。お二人のお話をうけ、この後私のほうからも、「P.P.P.が大切にしている価値観」というテーマでお話をさせていただきました。このお話は久本副理事長がお話していた「一致団結すること」と深く関連していて、互礼会に参加されていない方にお伝えしなければならない話であります。ですので、お越しいただけなかった方にもわかるよう数回にかけて、このブログでご紹介できたらと思っています。ぜひ、この後のブログをご確認ください!お楽しみに!

P.P.P.をもっと長く働ける環境へ

平成28年から新しく「企業主導型保育事業」という施策がスタートしました。みなさん、これってどんなものかご存じですか?この企業主導型保育事業は一言でいうと「その会社が建てた保育園」のこと。「保育園で預かってほしくても、なかなか受け入れてもらえない…」「お迎えの時間が決まっていて、遅くまでは働けない…」一般の保育園の場合、こうした問題がよく起こりますよね?ですが、この企業主導型保育事業は、その会社が建てるため、「従業員枠」といって、その企業で働く人向けに、優先的に「枠」を設けることができます。そしてもうひとつ、その会社の働き方にあわせて、営業時間も併せることもできます。例えば、朝7:00~夜10:00まで稼働しているような業態の会社であれば、朝6:30~夜10:30まで預かってくれる場所があれば、子どもが小さくても、7:00~働くことも、昼から働くことも自由に選べるようになるんです。こうした環境がP.P.P.でもつくれたら、福利厚生としても充実しますし、この保育事業をはじめることで、もっともっとP.P.P.で働きたいという人が増えたら、私たちみんながプラスになるなって思いませんか?そして何より「子どもが小さいから短い時間しか働けない…」という自由を奪う区別や制約もなくなる。そうやって、うちの法人でも形になるといいなとワクワクしながら、この企業主導型保育事業のことを考えています。

変えることは、壊すこと。

今、チャレンジャーでは、「今やっていることで、やめてもいいことリスト」を作ろうという面白い取り組みをはじめたと伺っています。事業を前に進めていく上で、とても大事なことは時代のニーズや状況にあわせて、変化することだと、私は考えています。このチャレンジャーの取り組みを聞いて、「これから、どんなことを変えて、どんな新たな取り組みを始めるんだろう」と内心とてもワクワクしています。ちなみに、今チャレンジャーが取り組んでいるような、「何かを変えていく」プロジェクトを、実は設立の当初からどんどんと進めていた歴史があるんです。私自身も、そうしてきました。例えば、1980年代「これからは地域移行を…」といった政府からのコメントが出たときにまだ制度としてグループホームが認められていなかったにも関わらず、「これからはグループホームが求められるはず」とまだ福祉施策として制度が確立していない段階から、ホームの建設を進めていったりもしました。その時、施設入所を利用されていた方には、入所するときから「ここは一時的な住まいです。皆さんは地域で一人暮らしや自由な生活を謳歌するために、一刻も早くここから出られるよう、しっかり仕事を覚えましょう」とグループホームへの移行を前提に、どんどん就職活動にチャレンジしてもらっていました。で、どこに就職できるか…ではなく、手当たり次第に「この会社にもお願いしよう」と、利用者さんのスキルや能力を売り込みにいって、とりあえずまずは雇ってみましょうよ!と、飛び込み営業のごとく、企業訪問をしてきましたね。一方、新しいことをやるためには、今までの慣習ややってきたことを見直さなければならず、「この作業は時代に即さないと思うのですが、今やっているのはなぜですか?」「この作業の必要性は何ですか?」と、色々と話を聞いて、必要ないとみんなで判断したら、「やめましょう!」と当時の理事長に対して、はっきり言ってきた経緯があります。そうやって、どんどんと新しいことを進めていくうちに、ついたあだ名が「壊し屋」でしたね(笑)。時には、「せっかく定着して形になってきたのに…」という声もありました。でも、利用者さんやご家族、社会のニーズは刻々と変化していきます。私たちがそれまで積み上げてきたことであっても、それが、顧客や時代が求めていないものになってしまったら、壊していくべきことだって、あるはずなんです。ただ、正直たくさんの人が「当然」のようにその作業をしていたときに「その作業って必要なんですか?」と聞くのは、結構勇気がいることかもしれませんね。その点で、今チャレンジャーで取り組んでいることは、「みんな、思ったことを口にしていいんだ」というひとつのきっかけになる、とてもいい施策だと思うんです。こうした取り組みが、色んな事業所に波及して、広がっていけば、法人はもっと良くなるのではないか。そう、期待してやみません。